​近日申し込み開始予定です

新型コロナウイルスなどの影響で変更や延期などの可能性があることをご了承ください

​講師の先生からのコメント

1)慢性腰痛の評価と治療 -総論と評価実技編-

 「慢性疼痛」は、3ヶ月以上続く疼痛とされています。慢性的経過を辿りやすい「腰痛症」は、運動器疾患の上位を占めており、厚生労働省の調査において65歳以上の高齢者の有訴者率が男女とも1位となっています。ゆえに、治療院やクリニック、病院に至る多くの施設で治療が行われています。原因が特定されない「非特異的腰痛」が多くを占めると言われて久しいですが、本当にそうでしょうか? 最近の知見では、腰痛の原因が特定かつ診断可能なものと認識されてきています。慢性腰痛の治療コンセプトは、腰痛を呈する運動パターン(再現性)と症状から、適切な評価に基づいた原因・病態を把握する(診断能力)ことによって、治療対象となる組織と方法を明確にすることです。まずは、慢性腰痛の全体像と特徴を理解するための講義(総論)と、腰痛を呈する原因・病態を把握するための評価について、実際の実技を交えて行います。

 慢性腰痛の評価と治療が適切に行えるように、一緒に学んでいきましょう。

2)腰部疾患の治療に必要な触診技術 -骨・関節編-

 腰部疾患の治療において、的確な評価が必要であり、問題となる組織を同定する必要があります。それには、問題となる組織を触れることができて、原因の同定と病態把握につなげることができます。そのためにも触診のランドマークとなる「骨指標」を的確に捉えられるようになりましょう。また、腰椎椎間関節などの関節も合わせて触診します。触診に必要な解剖学的知識などの講義と共に、目の前で触診のデモンストレーションを行います。

 適切な触診ができるように、一緒に学んでいきましょう。

3)腰部疾患の治療に必要な触診技術 -軟部組織編-

 「-骨・関節編-」を基礎として、骨指標から筋や靭帯、神経などの軟部組織が触診できることを目指します。軟部組織が触診できることで、疼痛や圧痛を呈する組織を同定することが可能となります。また、表層から深層まで、組織の特徴を踏まえた方法を行います。

 適切な評価・治療のために、的確な触診を一緒に学んで実践できるようにしましょう。

©湘南運動器リハビリテーション研究会のHP Wix.comを使って作成されました

  • Twitterの社会のアイコン
  • Black Facebook Icon
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now